よみのみ! 10 ~レモンハート編~

これまでのお酒に関する漫画や雑誌を読み返し
そこに載っているお酒を飲み倒してみよう!という企画
題して「よみのみ!」
読み返した内容はブログで、
飲み倒したお酒はWEBサイトで随時掲載していきます。
http://plaza.rakuten.co.jp/bflat5150/


昔、朝方のコンビニで、ワンカップを3本レジに出して、会計中にそのうちの1本をイッキ飲みしていた人を見たことがあります。
「あ~ 完璧にアル中だな」なんて思ったのを覚えている。
今回読んだ17話目では、アルコール依存症で亡くなった松ちゃんの恩師がb0110708_1734733.jpg
「お金のあるときは高い酒を飲め」といって
その時に勧めるのが「ジョニーウォーカー黒ラベル」というお話でした。

酒は“百薬の長”と言われ、
大昔に至っては“生命の水”とも言われた。
「適量なら体に良い」とも言われるし、
「多少飲みすぎても楽しければよし」とも思う。
しかし、酒は薬物にも成りえるということも忘れないでほしい。

こういった話題になると思い出す言葉がある。
「酒の味を食事とともに楽しみ、精神のほどよいほぐれ具合を良しとする人にアル中は少ない。
そういう人たちは酒を『好き』」ではあるけれど、アル中にはめったにならない。
アル中になるのは、酒を『道具』として考える人間だ」
著 中島らも “今夜すべてのバーで”からの引用です。
その通りだと思う。

[PR]

by b-flat5150 | 2011-02-02 17:37 | BARのこと  

<< よみのみ! 11 ~レモンハート編~ まだまだ1月・・・ >>