カテゴリ:BARのこと( 29 )

 

よみのみ! 6 ~レモンハート編~

これまでのお酒に関する漫画や雑誌を読み返し
そこに載っているお酒を飲み倒してみよう!という企画
題して「よみのみ!」
読み返した内容はブログで、
飲み倒したお酒はWEBサイトで随時掲載していきます。
http://plaza.rakuten.co.jp/bflat5150/


今回読んだレモンハート第1巻8話は、ワインについてのHowTo!
松ちゃんがデートのためマスターにワインの知識を教えてもらうのですが
白ワインを中心にレクチャーされていました。      b0110708_174995.jpg     
当時は今ほどワインが浸透しておらず、
赤ワインよりも白ワインのほうが好まれていて
「赤ワインは苦い」という人が多かった時代です。
ですからこのような教え方になるのでしょうね。

最後のページで
散々ワインについて教えてもらった松ちゃんがデート中に
「ワインには赤と白とロゼがあるんだよ」といったのに対して
相手の女の子が
「松田さんってワイン詳しいのね」という一言。
当時の状況を表している一コマだと思います。
[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-24 17:49 | BARのこと  

よみのみ! 5 ~レモンハート編~

これまでのお酒に関する漫画や雑誌を読み返し
そこに載っているお酒を飲み倒してみよう!という企画
題して「よみのみ!」
読み返した内容はブログで、
飲み倒したお酒はWEBサイトで随時掲載していきます。

レモンハート第1巻7話では焼酎を取り上げています。
この頃から少しずつ焼酎が飲まれはじめ、近年の大ブームへとなっていくのですね。
ここで松ちゃんが1杯目に飲むのが               
「二階堂 吉四六」                    b0110708_17132650.jpg

私がこのお酒を飲んだのが東京に上京して間もなくの時
知り合いの九州男児が吉四六を見て興奮しながらグラスを人数分出し、それをそのまま注ぐのです。
「あれ、氷は?」と尋ねると
「そんなもん要らん」といって日本酒のように飲み干すのです。
唖然としましたが、自分もまだまだ若かったので、闘争心というものに火がつき、一緒になって飲みはじめたのです。
美味しかったのでガンガン飲んでいった先に待っているのは・・・ていうか、覚えてないので分からないんですね。
次の日が辛かったのは覚えているのですが・・・。
[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-22 17:16 | BARのこと  

よみのみ! 4 ~レモンハート編~

これまでのお酒に関する漫画や雑誌を読み返し
そこに載っているお酒を飲み倒してみよう!という企画
題して「よみのみ!」
読み返した内容はブログで、
飲み倒したお酒はWEBサイトで随時掲載していきます。
                    b0110708_17323948.jpg
今回はレモンハート第1巻の4話目
ここで「サントリー山崎」の登場。
当時はまだピュアモルトだったのですね。

しかしこの頃はまだボトルの絵が雑な感じで
バランタイン30年なんかはラベルが17年と書かれてあったり
ウンチクもちょっと違うようなところもあるようです。
しかも40年物のウイスキーをわざわざ空き倉庫で飲まなくてもよいのではと・・・。
メガネさんの怪しげなキャラクターにはあっていると思いますが・・・
[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-21 17:33 | BARのこと  

よみのみ! 3 ~レモンハート編~

これまでのお酒に関する漫画や雑誌を読み返し
そこに載っているお酒を飲み倒してみよう!という企画
題して「よみのみ!」
読み返した内容はブログで、
飲み倒したお酒はWEBサイトで随時掲載していきます。

昔、高校生だった頃に友達の家に遊びに言ったときのこと
友達の親父さんが
「これナポレオンだぞ!高いんだぞ!飲んでみるかぁ!!」
なんていわれてお酒を飲ませてもらったことがある。

レモンハート第1巻の三話目を読むとその光景を思い出す。
そこに登場する松田さん(松ちゃん)がまさにその親父さんで
ナポレオンというだけで興奮していたのを覚えている。
そのときのボトルが何だったのかは覚えていないが
コニャックやアルマニャックではなかったと思う。
というか、ナポレオンというだけで重宝されていた時代だったし
ブランデーはそのぐらいの認識しかなかったので
自分もその親父さんも松っちゃん状態だったのです。
まだまだ無知でした・・・

しかし、ここからマスターとメガネさんと松ちゃんが3人揃って出てきていたのですね。
しかも松ちゃんはこの頃はまだウイスキーの水割りを飲んでいる。
後にウイスキーのウーロン茶割りに変わるのですが
酒おんちキャラクターはこの頃から確立していて25年間変わらずにあり続けるのです。
バーとしては愛すべきキャラクターです。
[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-20 16:38 | BARのこと  

よみのみ! 2 ~レモンハート編~

これまでのお酒に関する漫画や雑誌を読み返し
そこに載っているお酒を飲み倒してみよう!という企画。
読み返した内容はブログで、
飲み倒したお酒はWEBサイトで随時掲載していきます。

ということで、レモンハート第1巻2話目を読むと、ビールについての話でしたね。 
この時代は「ビールといえばドイツ」というのが根強かったということが、この話から思い出されます。
現在では、それほど拘ったところもなくなったような感もあるので、懐かしいですね。
それだけ色々な国のビールが、出回っているということなのですかね。
                                   b0110708_1511422.jpg
ビールの歴史や製法をウンチクするなかで紹介されるのが
“ギネス・ビール”
今ではとてもポピュラーで広く一般に浸透している濃色ビールです。

この漫画が書かれた時期の少し後に、ドライビール・ブームがやってきて、ビールは苦いというイメージから、女性も好むキレがあって飲みやすいという飲み物に変わったように思います。
回りまわって、今の若い人にいわせると、ビール自体が親父の飲み物になっているらしいのですが・・・。
「とりあえずビール!」というのは古いらしく、それは本場ドイツでもそうだという話を聞き、時代の流れというものを感じずにはいられませんでした。
この時代よりも今は、多種多様のお酒が選べるということなのでしょう。
[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-19 15:13 | BARのこと  

よみのみ! 1 ~レモンハート編~

お客さんに、漫画「レモンハート」の話をされた。
バーではよくする話なのだろうが
言われたストーリーが思い出せず?????
もう一度読み直すことに。

第1巻を手にして読んでみると
1話目では、バーに対するお客さんの反応や勘違いが書かれてあった。
末ページを見ると初版が1986年2月とあった。
今から25年前の連載開始で、私がこの仕事に就く4年ほど前である。
今でも多少の緊張をもって来られるお客さんがいるが
当時は今よりもバーの敷居は高かったように思う。  
懐かしい~!

ということで
「原点回帰」的な意味合いもこめて
これまでのお酒に関する漫画や雑誌を読み返し
そこに載っているお酒を飲み倒してみよう!!
題して「よみのみ」企画。
読み返した内容はブログで
飲み倒したお酒はWEBサイトで紹介していくことに。

不定期な企画ではあるが
自分を振り返るという意味でもよいことなのでは・・・と思いまするです。
b0110708_1733435.jpg

[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-16 17:41 | BARのこと  

冬の必需品

b0110708_17142484.jpg店において冬の隠しアイテムといってもいい
「スプレー式のホイップクリーム」

これがあることで
アイリッシュ・コーヒーやアマレット・ティー
などのカクテルを出すことができる。
作るという手間がこれ一本で解消できので非常に助かっています。
[PR]

by b-flat5150 | 2010-12-18 17:16 | BARのこと  

蔵王チーズ

店でだしている蔵王チーズ。
お酒のつまみに最適で
クラコットにのせてこれをだすと喜ばれる。
チーズが苦手という人でも食べられるようだ。
ちょっとバニラ風味のした味が好評で
「子供なんか、黙ってるとこれを一気に食べてしまう」
なんていうお客さんもいた。

どうぞお試しあれ。

b0110708_17452713.jpg

[PR]

by b-flat5150 | 2010-12-11 17:49 | BARのこと  

WEBサイト開設!

お店のWEBサイトが出来たぁ~。。。
http://plaza.rakuten.co.jp/bflat5150/


Su氏が店内紹介のビデオを作ってくれて
サイトにも貼り付けてくれたのだが
これがなかなかのお気に入り。
最初の地元紹介的なところの「ほんわか」感がいい!
「ここ外す?」って聞かれたけど
「いえ、このままがいいです」って応えちゃった。

Su氏お疲れ様でした。ありがとうございます。
[PR]

by b-flat5150 | 2010-11-27 05:36 | BARのこと