<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

「鈍色の青春」を体感

野狐禅の「ガリバー」というアルバムを聞く。
彼らの歌を聴いていると非常に懐かしさを感じ、若かりし頃を思い出す。
1stアルバムを聞くと10代の気持ちに
2ndアルバムを聞くと東京に出たあたりの気持ちになり
そして3rdのガリバーを聞いたら「ちょっとだけ大人になったかなぁ~」って頃の情景が浮ぶ。
彼らも同じ様な感じで成長し、日々を送っているのかなぁ・・・と思う。

そこで改めれ、1stアルバム「鈍色の青春」を聞いてみる。
b0110708_16541978.jpg

やっぱりイイ!!
初めて聞いた時の衝撃は未だ薄れていない。
等身大の少年の陰をそのままぶつけた歌詞が心に沁みるし快感でもある。
やはりこのアルバムは、近年での自分的No1だと確信してしまう。
かっこ悪いけど、カッコイイ!
最高じゃないけど、サイコ~!!
[PR]

by b-flat5150 | 2007-12-30 17:09 | 音楽  

「ルイ・ジャドのボージョレ」を体感。

12月に入りヌーヴォーが安くなったのを狙って
ちょっと高めのものを何本か購入してみた中の一本
「ルイ・ジャドのボージョレ・ヴィラージュ・プリムール」を飲んでみた。
b0110708_17295576.jpg

全体のバランスがよく、香りはもちろん渋みや酸味も程良く心地よかったです。
しかし、長く飲んでいると思ったよりも早くバランスの崩れを感じてしまった。
やはりそこはヌーヴォーといったところなのか・・・
[PR]

by b-flat5150 | 2007-12-26 17:46 | お酒  

「アイリッシュ・コーヒー」を体感

冬のおすすめホット・カクテルのひとつとして
「アイリッシュ・コーヒー」を出したところ、なかなか好評のようだ。
b0110708_17262411.jpg

冬の代表的カクテルのアイリシュ・コーヒーだが
ホイップクリームを作るのに手間がかかり、
今まで作ることができなかったが(ただ怠けていたという話も・・・)
今はムースのような形で簡単にホイップを作れるものがあるので大変便利。
今年から提供することとなった。
そのホイップが多少甘めなので、ブラウン・シュガーは別にお任せスタイルで。
この冬一押しのカクテルになりそうだ。

<アイリシュ・コーヒー>
   アイリシュ・ウイスキー  30ml
   ホット・コーヒー       適量
   ホイップ・クリーム      適量
   ブラウン・シュガー    お好み
[PR]

by b-flat5150 | 2007-12-22 17:46 | お酒  

「’07 馬ぁ~・フラット杯」を体感

「馬ぁ~・フラット杯」の表彰式&飲み会を行なった。
7年目の今年はヒロ君が初の栄冠に輝いた。
b0110708_163899.jpg

馬ぁ~・フラット杯は、年間のG1(フェブラリーSから朝日FSまで)のレースを予想、
持ち金千円の範囲内で投票し、その勝ち馬投票の配当の累計でトップを争うルールで、
優勝者はその賞金を有馬記念に全て賭けて、戻ってきた分が自分の賞金となるというゲーム。
従って、今回ヒロ君は今度の有馬記念の投票の権利を得たということで、
まだ賞金を手にした訳ではないので、今年の有馬でガッツリ賞金をGETしてほしいものです。

毎年優勝者にはテナントに、今年一番の馬(自分を優勝に導いた馬)を書いてもらうのだが
今年は皐月賞馬 「ヴィクトリー」でした。
JCダート「クロフネ」から始まるそのテナントを見ると
もう種牡馬になっている馬も多く、7年という歳月を感じる。
競馬で振り返るとホント1年って早いんだよなぁ~・・・
b0110708_17135595.jpg
[PR]

by b-flat5150 | 2007-12-19 17:16 | 日々の体験  

「聖書、知れば知るほど」を体感

昔、朝方の桜台の駅のホームで聖書を拾った。
落ちていたというより、ベンチに何気なく置いてあった感じで
図書館から借りていくような感覚で家に持って帰ってしまった。
宗教というものには全く興味は無いが、物語として興味があり読んでみたのだが
あんな分厚い本を読破するなんて到底無理な話、
旧約の創世記をちょこっと読んだだけで本棚に長らく飾られている。

そして今回、本屋でこの本を見つけて購入。読んでみる。
b0110708_15104277.jpg


世の中には、聖書を基にした映画やアニメ・物語がいっぱいある。
そういったものを見るときに、知識として聖書の内容が分かっていると
もっと面白く見たり読んだりすることが出来ると感じた。
昔から思っていた「キリストって神なの??」という疑問や
「ノアの箱舟」や「十戒」などの物語の本質が説明されていて面白かった。
「エヴァンゲリオン」=福音書 というのもこれで知った。

映画「インディー・ジョーンズ」や漫画「バスタード」、先ほどの「エヴァンゲリオン」を含め
もっと違った形でこれらのものを楽しめるような気がするので
気になる作品をもう一度見返そうと思っている。
[PR]

by b-flat5150 | 2007-12-12 15:35 |  

「伊坂幸太郎」を体感

僕の得意技の一つ(?)に、「つまみ読み」というのがある。
たとえば、部屋ではこの本、トイレではこの本、店ではこの本、この本はちょっとお休み
といったような、幾つかの本を同時に並行して読むという技である。
今、3冊の本を「つまみ読み」しているが、そのうちの2冊が
伊坂幸太郎の作品である。
b0110708_1441194.jpg

初めに本屋でこの「アヒルと鴨のコインロッカー」の表紙が目に入り
タイトルと表紙のアンバランスさに惹かれ思わず購入。
読むうちに伊坂ワールドにどっぷり嵌まり、
「アヒルと~」を読んでいる途中なのに「重力ピエロ」を購入、つまみ読み。
その後、「ラッシュライフ」「死神の精度」など立て続けに伊坂作品を読んでいる。
今、伊坂幸太郎にハマってます。
[PR]

by b-flat5150 | 2007-12-03 14:19 | 日々の体験