<   2011年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

まだまだ1月・・・

見てくれ!!

b0110708_13592312.jpg

これが去年の初雪の画像。

そして、これが1月末の画像。
b0110708_1411682.jpg

分かるかなぁ~・・・

この雪の多さにみんな疲れちゃって
お陰で店はヒマだし・・・
そりゃ~飲みに出るのも躊躇っちゃうよねぇ~
俺だって出たくないもん。
遊びに行くんだったら屋根の雪下ろしや雪掻きしろ!ってことだからね・・・

でも明日から2月!
これからが冬本番なんだよなぁ・・・何か愚痴っぽくなっちゃった。。。
[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-31 14:14 | 日々の体験  

よみのみ! 9 ~レモンハート編~

これまでのお酒に関する漫画や雑誌を読み返し
そこに載っているお酒を飲み倒してみよう!という企画
題して「よみのみ!」
読み返した内容はブログで、
飲み倒したお酒はWEBサイトで随時掲載していきます。
http://plaza.rakuten.co.jp/bflat5150/


レモンハート第2巻に突入し16話目は
カクテルの王様「マティーニ」についてのあれこれです。

私がはじめて勤めたホテルで当時よくオーダーされたのが
「タンカレー・マティーニ、オンザロック、ツイスト・レモンで」というオーダーでした。
なぜ、あのスタイルが流行っていたのか、今となっては分かりませんが
新入社員だった私は、よくそのオーダーを受けていたことを思い出します。

ちょっと前に、そのホテルに勤めていた同じ高校の先輩が店に来てくれてb0110708_15342124.jpg
「タンカレー・マティーニ、オンザロック、ツイスト・レモンで」
とニヤリと笑いながら注文してくるのです。
私もその響きをすっかり忘れていて
「懐かしいだろ~」という先輩の言葉に、何となく胸が熱くなり、
ただ頷くだけなのでした。
その魔法の言葉は、私を少しだけあの頃に戻してくれるのでした・・・。
[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-30 15:39 | BARのこと  

よみのみ! 8 ~レモンハート編~

これまでのお酒に関する漫画や雑誌を読み返し
そこに載っているお酒を飲み倒してみよう!という企画
題して「よみのみ!」
読み返した内容はブログで、
飲み倒したお酒はWEBサイトで随時掲載していきます。
http://plaza.rakuten.co.jp/bflat5150/

今回はレモンハート第1巻13話目です。
懐かしい家電がいっぱい出てきます。
レーザーディスク
ワープロ
プリンター・テレビ
8ミリビデオ
ビデオデッキ
アナログのオーディオ
マッキントッシュのコンピューター
当時は最先端の機器だったんですよね。
                         b0110708_17343232.jpg
そんな機器に囲まれた部屋で飲むにふさわしい酒としてマスターが選んだのが
「シャルトリューズ・ジョーヌ」
なぜこれなのかという説明はなかったですが
最新機器が並ぶ部屋に400年前のお酒というのは
ミスマッチで逆に良いということなのでしょうか。
[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-28 17:35 | BARのこと  

よみのみ! 7 ~レモンハート編~

これまでのお酒に関する漫画や雑誌を読み返し
そこに載っているお酒を飲み倒してみよう!という企画
題して「よみのみ!」
読み返した内容はブログで、
飲み倒したお酒はWEBサイトで随時掲載していきます。
http://plaza.rakuten.co.jp/bflat5150/


今回はレモンハート第1巻9話目
来店した夫婦に思い出の飲み物としてマスターが出すのが  b0110708_17151976.jpg
「ワイルド・ターキー 8年」

私が上京した頃、巷は空前のバーボン・ブームでした。
その頃に色々なバーボンを飲みましたが
その中でもターキーは特別な1本でした。
当時は価格も今よりずっと高かったので、頻繁には飲めず
たまに飲めたときのあの味
強烈に野太くバーボンらしいバーボンというような味わいは忘れられません。
ホテルマンは給料が安かったですからね・・・ターキーが飲めるというと大喜びだったんですね。
[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-26 17:16 | BARのこと  

久々の天気

久しぶりの晴れ間です。
いいなぁ~ ゆっくりする。
やっぱ太陽ってスゴイ!
雪国にいると本当にそれを感じます。

b0110708_164928.jpg

[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-25 16:06 | 日々の体験  

よみのみ! 6 ~レモンハート編~

これまでのお酒に関する漫画や雑誌を読み返し
そこに載っているお酒を飲み倒してみよう!という企画
題して「よみのみ!」
読み返した内容はブログで、
飲み倒したお酒はWEBサイトで随時掲載していきます。
http://plaza.rakuten.co.jp/bflat5150/


今回読んだレモンハート第1巻8話は、ワインについてのHowTo!
松ちゃんがデートのためマスターにワインの知識を教えてもらうのですが
白ワインを中心にレクチャーされていました。      b0110708_174995.jpg     
当時は今ほどワインが浸透しておらず、
赤ワインよりも白ワインのほうが好まれていて
「赤ワインは苦い」という人が多かった時代です。
ですからこのような教え方になるのでしょうね。

最後のページで
散々ワインについて教えてもらった松ちゃんがデート中に
「ワインには赤と白とロゼがあるんだよ」といったのに対して
相手の女の子が
「松田さんってワイン詳しいのね」という一言。
当時の状況を表している一コマだと思います。
[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-24 17:49 | BARのこと  

よみのみ! 5 ~レモンハート編~

これまでのお酒に関する漫画や雑誌を読み返し
そこに載っているお酒を飲み倒してみよう!という企画
題して「よみのみ!」
読み返した内容はブログで、
飲み倒したお酒はWEBサイトで随時掲載していきます。

レモンハート第1巻7話では焼酎を取り上げています。
この頃から少しずつ焼酎が飲まれはじめ、近年の大ブームへとなっていくのですね。
ここで松ちゃんが1杯目に飲むのが               
「二階堂 吉四六」                    b0110708_17132650.jpg

私がこのお酒を飲んだのが東京に上京して間もなくの時
知り合いの九州男児が吉四六を見て興奮しながらグラスを人数分出し、それをそのまま注ぐのです。
「あれ、氷は?」と尋ねると
「そんなもん要らん」といって日本酒のように飲み干すのです。
唖然としましたが、自分もまだまだ若かったので、闘争心というものに火がつき、一緒になって飲みはじめたのです。
美味しかったのでガンガン飲んでいった先に待っているのは・・・ていうか、覚えてないので分からないんですね。
次の日が辛かったのは覚えているのですが・・・。
[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-22 17:16 | BARのこと  

ホントちかれた。 

見てくれ!この雪の壁!!
俺んちの前の道がこんなことになってる!!!
b0110708_13101163.jpg

今朝は今年最強に降ったんじゃないか・・・
膝の上まで雪が降ってたもの。
お陰で家の前で車が雪に嵌まっちゃって大変。
結局1時間の格闘の末、除雪車に引っ張ってもらって何とか脱出。
も~ 疲れました。。。
今年はもう5~6回は雪に嵌まってるなぁ・・・

正月明けから雪が降り続けているので
毎日が雪寄せや屋根の雪下ろしの繰り返し。
俺だけじゃなくみんな疲れてるよね。
ふぅ~・・・
[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-22 13:13 | 日々の体験  

よみのみ! 4 ~レモンハート編~

これまでのお酒に関する漫画や雑誌を読み返し
そこに載っているお酒を飲み倒してみよう!という企画
題して「よみのみ!」
読み返した内容はブログで、
飲み倒したお酒はWEBサイトで随時掲載していきます。
                    b0110708_17323948.jpg
今回はレモンハート第1巻の4話目
ここで「サントリー山崎」の登場。
当時はまだピュアモルトだったのですね。

しかしこの頃はまだボトルの絵が雑な感じで
バランタイン30年なんかはラベルが17年と書かれてあったり
ウンチクもちょっと違うようなところもあるようです。
しかも40年物のウイスキーをわざわざ空き倉庫で飲まなくてもよいのではと・・・。
メガネさんの怪しげなキャラクターにはあっていると思いますが・・・
[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-21 17:33 | BARのこと  

よみのみ! 3 ~レモンハート編~

これまでのお酒に関する漫画や雑誌を読み返し
そこに載っているお酒を飲み倒してみよう!という企画
題して「よみのみ!」
読み返した内容はブログで、
飲み倒したお酒はWEBサイトで随時掲載していきます。

昔、高校生だった頃に友達の家に遊びに言ったときのこと
友達の親父さんが
「これナポレオンだぞ!高いんだぞ!飲んでみるかぁ!!」
なんていわれてお酒を飲ませてもらったことがある。

レモンハート第1巻の三話目を読むとその光景を思い出す。
そこに登場する松田さん(松ちゃん)がまさにその親父さんで
ナポレオンというだけで興奮していたのを覚えている。
そのときのボトルが何だったのかは覚えていないが
コニャックやアルマニャックではなかったと思う。
というか、ナポレオンというだけで重宝されていた時代だったし
ブランデーはそのぐらいの認識しかなかったので
自分もその親父さんも松っちゃん状態だったのです。
まだまだ無知でした・・・

しかし、ここからマスターとメガネさんと松ちゃんが3人揃って出てきていたのですね。
しかも松ちゃんはこの頃はまだウイスキーの水割りを飲んでいる。
後にウイスキーのウーロン茶割りに変わるのですが
酒おんちキャラクターはこの頃から確立していて25年間変わらずにあり続けるのです。
バーとしては愛すべきキャラクターです。
[PR]

by b-flat5150 | 2011-01-20 16:38 | BARのこと