<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

米運び 本格始動!

先週の金曜日から米運びが始まりました。
今年で6年目になるそうです。
これから1ヶ月ほど、各農家から米を倉庫まで運ぶ手伝いをします。
b0110708_6241758.jpg

眠いし疲れるのですが
意外と気晴らしになるので楽しんでやってます。

しかし、初日と今日と2日続けて雨降り。
それまでバカみたいに晴れていたのに・・・。
雨の日は米を濡らさないように運んでこなきゃいけないので、
手間がかかって面倒なのです。
どうせなら晴れてくれ~

[PR]

by b-flat5150 | 2012-09-25 06:24 | 日々の体験  

鳥海山に登ってきました

9月17日、「三週連続山登り計画」の最終です。

象潟口から登り七五三掛から外輪で七高山を目指し、
その後、新山に登るコースで鳥海山に登ってきました。
個人では3回目、この登り口からは2回目となる鳥海山です。

まず一言!
あらためて「タフ」な山でした!!

でも象潟口から登るコースは、登る人を飽きさせない様々な景色を見せてくれます。
海をバックに登りはじめ、鳥海湖まで1時間半ほど。
そこからアップダウンを経て、七五三掛より先は岩場の続く道で、
月山を右手に望みながら3つほど岳を越えると七高山に到着。
ここが地元湯沢市から見える頂上で、ここまでで4時間の道のりでした。
そこから本当の頂上(内陸方面の人はこの存在を知らないであろう)
新山を目指すこと30分。
途中、昼食などをとり、新山に着いたのが午後2時頃でした。
朝9時に登りはじめ、降りてきたのが夕方の6時ごろで、もう日が沈む寸前でした。

3週目にして頂上を拝みながら登る好天に見舞われ
3回目にして初めて新山に登り、象潟コースを堪能させていただき、
ここに「三週連続山登り計画」無事に終了となりました。。。

これからは、米運びのシーズンに突入です・・・・


b0110708_17191081.jpg


太陽に向かって登山スタート!b0110708_17193246.jpg

b0110708_17195112.jpg

b0110708_1720161.jpg

b0110708_17204859.jpg

b0110708_1721754.jpg






登って半分ほどにある鳥海湖
猛暑せいで水も少ないです。











鳥海湖から少し登って
御浜小屋を望む風景。
後ろは一面海です。











御田ヶ原から望む山頂、
新山!











新山山頂でのショット!










夕日を浴びた鳥海山
[PR]

by b-flat5150 | 2012-09-19 17:31 | 山登り  

早池峰山に登ってきました

今日、富士山で初冠雪だそうですね。
山の冬は早いです。


9月10日、岩手県の早池峰山に行ってきました。
河原の坊から登って小田越へ降りてくるルートで登ってきました。

話には聞いていましたが、登りはじめからゴツゴツした岩場が連なり
コウベゴウリを越えた辺りからは急坂が加わり、まるで岩登りをしているような感覚になりました。
頂上付近には雲がかかっていて、先週の岩手山のように景色が見えず寒いであろう予感。
雲の中を進むこと30分弱、2時間半ほどの登りで山頂に到着!!
やはり今回も周りの景色を拝むことが出来ず、
避難小屋で飯を食べつつ天候回復を願うも断念。

小田越目指して下山する途中
「ず~っと こんな岩ばっかりだな・・・」という言葉に対し
「岩手だからね・・・」とうちの相棒。(失笑)

この日は山頂付近の雲が晴れず、最後まで山の全貌を拝むことが出来ず、
帰ってネットにてその形を確認することとなりました。


b0110708_135869.jpg
河原の坊の入り口です

b0110708_1354016.jpg

b0110708_1361341.jpg

b0110708_1363489.jpg

b0110708_137851.jpg

b0110708_1373270.jpg


登って30分ほど
中岳を見ながら登っていきます









ここから一気に急坂になります











この岩場と急坂!
伝わりますかねぇ~・・・











山頂です
2時間30分の行程でした











小田越に降りる際に望んだ
薬師岳です

[PR]

by b-flat5150 | 2012-09-12 13:16 | 山登り  

岩手山に登ってきました

9月3日 焼走りコースから岩手山に登ってきました。
b0110708_16463327.jpg

登山口から緩やかな登りを2・2Km進みそこから1時間、
第一噴出口跡まで約2時間登ったところで景色が広がり絶好の眺め!
しかし、山頂には雲がかかっていて風も強く、
そこの環境とは明らかに違うのが見て分かりました。

登頂時に雲が流されていることを願いつつ登ること1時間半。
平笠不動避難小屋まで辿り着きましたが、まだ雲は晴れず。
気温も低くなってきたので、厚手に着替えて登ること30分。
登頂したものの雲の中のため周りは全然見えず、風も強かったので早々に下山。
避難小屋まで戻り、昼食をとり、
「さぁ帰ろうか」という時になって上を眺めると、雲が晴れてくるのです。
そんなもんですよね・・・

結局その日にBSで放送していた「日本100名山」で、たまたま岩手山をやっていて
それを見て岩手山の全貌を知るのでした・・・


b0110708_16473368.jpg

b0110708_16481591.jpg

b0110708_176523.jpg

b0110708_16485681.jpg

b0110708_16491855.jpg







緩やかな上りが1時間ほど続きます














第一噴出口から眺める西根町











登り中ほどから眺める
安比高原スキー場












山頂は風が強いうえ、
寒く、視界は0でした・・・
残念。。。

[PR]

by b-flat5150 | 2012-09-05 17:17 | 山登り  

テキーラはサボテンの一種??

この間お店でテキーラの話をしていて
「テキーラはサボテンから造られる」と言っていたお客さんがいました・・・。

テキーラの原料について
「テキーラは竜舌蘭(りゅうぜつらん)というサボテンの一種から造られる」
という話をされる方は結構多いようですが、b0110708_1756137.jpg
これが意外と勘違いされていることで
竜舌蘭から造られるのは間違いではないのですが
サボテンの一種というのは大きな間違いなのです。

サボテンの一種と説明している本なども見られるので
勘違いしていても仕方がないのですが
竜舌蘭は 単子葉植物 ユリ目 リュウゼツラン科の植物で、
サボテンは 双子葉植物離弁花類 サボテン目 サボテン科の植物なのです。
研究者によっては竜舌蘭をヒガンバナ科に含める場合もあるようなのですが
とにかく竜舌蘭とサボテンは全くの別物なのです。

そのような話になった時はできるだけ訂正しようとは思うのですが
そんな場面じゃない場合もあるので残念に思うこともあります・・・。

[PR]

by b-flat5150 | 2012-09-01 17:58 | BARのこと